« 『深淵の闘い』制作秘話〜なまけっと出展までの道のり編〜 | トップページ | 海鷹祭に行った »

2014/11/13

フジと沖縄

ここ何年か、毎年沖縄に行ってます
今年も9月に行ってきました、もちろん美ら海水族館と隣の海洋博公園にも 
 
Img_7842
入り口で迎えてくれるミナミハンドウイルカの像
筋肉の下にある骨格を意識できるほど緻密な造形で、水族館に早く入場したい気持ちを抑え、少し見入ります
 
Img_7853
ナンヨウマンタも口を開けて待ってます
そしてこの天気の良さ! 
 
ど平日の黒潮の海
Img_7861  
ここはいつも混んでいるけど、この日は割と落ち着いた感じ
水族館はやっぱ空いてるのが好きです 
黒潮の海には今、マダライルカが
Img_7940
去年、マダラはジンベエザメの尾びれを追っかけまわして悪さしていたので  
今年はジンベエの尾びれにクリップのようなものをくっつけて対策されていました‥‥  が、
おや?バンバン追っかけまわしてますけど(笑)
 
美ら海を出てすぐにある海洋博公園
ここは珍しい鯨類、シワハイルカとミナミハンドウイルカがいます
この子はシワハイルカのさくら
Img_7946
 
このカマイルカ、いつもエプソン品川アクアスタジアムで見てるカマと雰囲気違う! 
なんか黒っぽいし、かなりずんぐりしてる。 
Img_7954  
もしやこれは珍しいカマの亜種なのではと思い飼育員さんに尋ねてみたところ『太り気味』らしいです(笑) 
個体差が大きいところも鯨類の魅力ですね、水族館にくるとみんなの名前を覚えて帰りたくなります 
 
そして、この海洋博公園といえば、かの有名な人工尾びれイルカのフジ
フジはとても人懐っこくて、いつもアクリル面に近づくと、ヒュっと僕の顔の前に目を持ってきてジ〜っと見つめ返してくれます
少し顔をずらして逃げてみると、フジはまた追いかけてきてジ〜っと見つめてくれます(笑)
(↓以前の写真) 
B1cau1ucqaa5db9jpglarge
 
今年もフジに遊んでもらお〜っと思い、いつものアクリル面に向かったのですが
いつもよりも反応が鈍く、あまり来てくれませんでした
(↓今年9月のフジ) 
B1ca0locqaa8voj  
B1ca0dmcyaekezi  
この約1ヶ月後、フジは推定45歳で亡くなりました   
今思えば、この時もう調子悪かったのかな?
寂しくなりますが、今までたくさん遊んでくれてありがとう、フジ
 
 
沖縄の海の砂浜の砂粒を手にとってよく見てみると、一つ一つが貝殻やサンゴの欠片だとわかります 
Img_8138  
美しい生き物の残骸に触れながら、夕陽をただただ見つめていました  
Img_8137_2
 
 

|

« 『深淵の闘い』制作秘話〜なまけっと出展までの道のり編〜 | トップページ | 海鷹祭に行った »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1777932/57977839

この記事へのトラックバック一覧です: フジと沖縄:

« 『深淵の闘い』制作秘話〜なまけっと出展までの道のり編〜 | トップページ | 海鷹祭に行った »