« シャチの作り方、ダボ穴と人間関係の作り方 | トップページ | シャチのiPhoneケース作ってみた »

2013/09/12

深海展&新作はマッコウクジラ+?

夏休みが終わったのを見計らって国立科学博物館:特別展『深海』に行ってきました

 
しんかい6500実物大模型 
Sinkai2_3
兵器萌えというか、男の子心くすぐられる感じ
 
 
 
ダイオウイカ
Sinkai1_2  
新作に向けて、ダイオウイカの触手を観察
映像見た感じだと、腕の断面は4角形に見えるような気がしました(あってるのかな?謎〜!)
触腕の断面は、やっぱ円??
(造形家的な希望だと、多面系であってほしい、だってかっこいいから‥‥)
 
 
 
マッコウクジラ 
Sinkai3_2
これ数年前の『海の哺乳類展』にもあったと思うけど、ほんと大きいし骨格本物使ってるから迫力ハンパない
 
 
 
屋外のシロナガスクジラ実物大模型
Sinkai4_2  
かの有名なシロナガスクジラ模型、改修されて目が塗装から義眼に!
ものすごくリアルで魅力倍増、上野にはこれだけでも見に行く価値がある
 
 
 
自分へのおみやげ
Sinkai5_2
ダイオウイカBとソデイカ(立体カプセル百科事典/NHKスペシャル 世界初撮影! 深海の超巨大イカ)
ソデイカをラインアップに持ってくるあたりにセンスを感じました
シャチは松村しのぶさんが原型だけあってすばらしいクオリティ
 
 
 
 
 
『深海』を見に行った理由の一つに、今製作中の新作にあります 
 
 
Makk_2
今回はズバ抜けて超大型、なので芯にスチロールを使ってなるべく軽量にします
これを削って形にしていきます
 
 
Makk2_2
削って少し粘土を盛りはじめました
骨格図を描き込んで、無理のない姿勢を意識
 
 
Makk3_4
とりあえず全体に粘土を盛りました
まだまだ先は長そうですが、久々にシャチ以外の物を作っているので楽しい
これは11月2日に浅草橋で行われる『生きものマーケット(なまけっと)』で展示するものなので、おいっきり自由に作るつもり!!
 
 
Makk4_3
これに『あの生物』が絡んできます
生々しく、そしておどろおどろしく!! 
 

|

« シャチの作り方、ダボ穴と人間関係の作り方 | トップページ | シャチのiPhoneケース作ってみた »

コレクション紹介」カテゴリの記事

シャチ」カテゴリの記事

フィギュア」カテゴリの記事

制作風景」カテゴリの記事

日常」カテゴリの記事

コメント

深海6500かっこいいですよね!!
プラモ欲しいんですが塗装技術が無いので購入にいたれませんw

マッコウどんもロマン鯨ですね♪
生きた潜水艦そのものです!
仕上がりが楽しみ♪

科博は2年ほど行ってないのでまた行きたいなぁ~と思ってます;

投稿: Link | 2013/09/15 00:22

Linkさん

プラモ!私は塗装設備あるのに、プラモはほとんどやったことがありません。
高校生くらいの時に初号機つくって以来‥‥
一回、ものすごく気合いを入れて作ってみたくなりました。かっこいいですね、しんかい6500のプラモ!

マッコウどんは頭しか作らないつもりなのですが、すでにシャチ–雄–を上回るビックサイズになってます。
実物に忠実というよりも、ややクリーチャーよりに仕上げるつもりです^^

投稿: 吉久真弘 | 2013/09/17 15:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1777932/53237653

この記事へのトラックバック一覧です: 深海展&新作はマッコウクジラ+?:

« シャチの作り方、ダボ穴と人間関係の作り方 | トップページ | シャチのiPhoneケース作ってみた »